Blitz (韓国ゲームニュース編)
   韓国のゲーム界に関するニュースを扱います。 時事的なものが多いかも。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

Lazy Knack

Author:Lazy Knack
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | 固定リンク
(--/--/--(--) --:--)

 大作MMORPG「ZerA」が「グラナド・エスパダ」のCAを盗作
ZerA, グラナド・エスパダ 盗作疑惑 波紋 [Game Meca]

ネクソン, ZerA盗作疑惑 自ら 認定?[Game Meca]

ZerA, グラナド・エスパダ 盗作 謝り [Game Zone21]


 ネクソンが再び盗作疑惑に包まれた

と、のっけからワクワク・・・ではなくてウンザリさせてくれる副題です。

今回話題になっているゲームタイトルは

・「アスガルド」、「テイルズウェーバー」最近話題の「マビノギ」などの
MMORPGで有名なネクソンが開発中の時期主力MMORPGである
「ZerA:Imperan Intrigue」

・IMC Gamesが開発しハンビットユビキタスエンターテインメントがサービス予定の
「グラナド・エスパダ」

どちらも次代の韓国MMORPG界を代表するに足りるポテンシャルを秘めた
MMORPGです。特にZerAは10億の開発費と100人の開発陣という
かなりの大作らしいです。
上に挙げた3つの記事の流れとしては、

一つ目
ZerAの公式サイトに掲載されている世界観を表現するコンセプトアートの一枚に、
グラナド・エスパダのそれと(絵の細部にいたるタッチまで)そっくりな部分がある
という議論が起きる。

二つ目
盗作認定派と擁護派の激論が続く中、ネクソンがZerAの公式サイトから
問題のコンセプトアートを削除。盗作疑惑を自ら認めたとネチズンは祭りに。
ネクソンはこの時点では沈黙。

三つ目
17日の夕方にネクソンのZerA開発チームがIMC Gamesを直接訪問して
謝罪をしたことで事件は一区切り

というわけで、やっぱやっちゃってたみたいです :-)
なんとなく、すでに韓国における「盗作」はそのゲームの話題作りというか
売名に一役も二役も買う新しい広報の方法として一般化しているのではと
勘ぐりたくもなってしまいます。
それほど頻繁に、有名な会社が、驚くほど簡単に他社の何かを
盗作している現状があるのですが、ばれたらばれたで開き直るか、
素直に謝ればたいした問題にならない(特に日本の企業相手の場合)のが
情けないところであります。
まあ今回はコンセプトアートということでゲームとは直接関係無いという
こともあるのでしょうが。

でも名前が売れるという有難いような有難くないような副作用があるにせよ、
とにかく自社の命運をかけて開発しているようなゲームに泥を塗るような
行為は(上のほうが知らなかったとしても)開発陣一人一人のモラルに
かかっているわけですし、もっとしっかり持ちなさいな、自覚を(倒置法)。


関連:
Zera韓国公式

制作費100億ウォン - ベールを脱いだ、大作オンラインゲーム「ZerA」 [PC Web]

グラナド・エスパダ日本公式


スポンサーサイト

korean game | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2005/06/19(日) 05:21)

<<ゲーム内でPKされた → 報復としてリアルPK | ホーム | 密告で違法コピーを撲滅 in プリンセスメーカー4>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://kgame.blog44.fc2.com/tb.php/69-9cf300a1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 Blitz (韓国ゲームニュース編) all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。