Blitz (韓国ゲームニュース編)
   韓国のゲーム界に関するニュースを扱います。 時事的なものが多いかも。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

Lazy Knack

Author:Lazy Knack
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | 固定リンク
(--/--/--(--) --:--)

 【抗争】インターネットPC文化協会 VS ネクソン【激化】
ネクソン-PC部屋, 葛藤 長期化 兆し [Game Chosun]

人文協 大規模 デモ隊 集結, ネクソン 対話拒否[Game Meca]


どこかの掲示板の題目のようになってしまいました・・・・

さて、韓国で今最もHOTな「韓国インターネットPC文化協会 VS ネクソン」の
対決ですが、まあ、今も侃々諤々やっているようです。
文化協会側が頭を丸める坊主頭デモをすればネクソン側は
デモを避けて一斉休業&対話拒否。
どちらも一歩も譲らない姿勢のようです。
不毛だなあ。

大体ゲームの値段を決めるのは発売元の自由なわけで、
値段が高いのがいやならば購入しなければよいという単純なことが
何でわからないのか、本当に不可思議です。

大体ゲーム会社だって営利企業である以上、
利益を出さないと次回作の製作もままならないわけで・・・
どこかのMMORPGがやっていたようにPC房からは料金を取らないとかいう
方策は(メリットもあるとはいえ)いたずらに自社の体力を奪うだけだと思うのですが・・・・
まあゲーム製作会社にとってはPC房業界は最大のお客さんであると
同時に最大の厄介者といった感じでしょうか。
それにしてもPC文化協会は、いまにゲーム不買運動を始めても不思議ではない
ぐらいの斜め思考だなあ。

ちなみにネクソンの発表によると、すでに70%のPC房が新しい課金制に
同意したとのことですが・・・・
PC文化協会がいつまで粘るのかが今回の事件の分水嶺になりそうです。

PC部屋協会 カートライダー 代替ゲーム "すぐ 捜す" [Game Meca]

で、現在の韓国PC房で一番人気なのがネクソンの「カートライダー」です。
カートライダーといえば任天堂の「マリオカート」そっくりであるということで、
物議をかもしたゲームでもあります。

プロゲーマーの「皇帝」ことイム・ヨファンも、このゲームにはまって本業の
「Starcraft」の成績を落とした、といわれるぐらいに人気があります。
ちなみにカートライダーは現在プロゲームリーグの公式ゲームになっています。

PC文化協会はネクソンのゲームに対して不買運動を展開しておりますが、
当然カートライダーも不買しなければいけない、でも一番人気だし・・・・
というわけでPC文化協会がこれに変わるゲームを模索しているとのこと。

ちなみにこのPC文化協会、四六時中有名ゲームの発売者とトラブルを起こして
不買運動をしているのですが、引っ張ってくる「代替ゲーム」には
まともなものがあったためしがありません
最近では世界的人気FPSのCounterStrike(正確にはSteamシステム)に関して
金銭的な揉め事を起こし、代替ゲームがスペシャルフォースという韓国製FPS、
現在はプロゲーマーの公式ゲームに採用されていますが、あくまで
ローカルなFPSという感はぬぐえません。
あと少し前には年齢制限の問題で「リネージュ2」の代わりに
「シルクロードオンライン」というMMORPGを引っ張ってきましたが、
明らかに見劣りするものでした。

今回はどうなることやら・・・・・
スポンサーサイト

korean game | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2005/06/30(木) 00:31)

<<日本製「大航海時代」と中国製「航海世紀」、両海洋MMORPGが韓国で激突! | ホーム | 対違法コピー企業連合「G11」、なんとなく取り締まり開始>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://kgame.blog44.fc2.com/tb.php/52-03b94a14
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 Blitz (韓国ゲームニュース編) all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。