Blitz (韓国ゲームニュース編)
   韓国のゲーム界に関するニュースを扱います。 時事的なものが多いかも。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

Lazy Knack

Author:Lazy Knack
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | 固定リンク
(--/--/--(--) --:--)

 リネージュゲーマーは公共の敵?
公共の敵,リニージゲーマー? [Onlife21]

 さて、土日はネタを探すのが大変ですが・・・

 この記事の核心はオンラインゲーマーの順応性に関して苦言を呈しているあたりでしょうか。
昨今の韓国ゲーム界では「リネージュでも しに行け」という言葉が悪口として使用されるらしいです。
これは「お前のような(順応できない)ヌルゲーマーはリネージュでもしていな」
という意味として捉えることができます。
裏を返せば、それだけリネージュが万人向けであるとも言うことができるのかもしれませんが。
 こういった確執は日本でも主に2chなどで見ることができます。
記事中では、いわゆる「教えて君」についても言及がありますが、
それは他のゲームに順応できないリネージュゲーマーであると述べています。
なかなか挑戦的ですが、要は

プレイヤーの多いゲーム→ライトゲーマーの絶対数もそれに比例して多い
→教えて君などが多く発生する→摩擦が発生する

といった人気ゲームには不可避な命題であって、これは今後も不変なことであると思いますので、
仕方ないことであり、風物詩のようなものとして捉えると良いのかもしれません。

 ただ、忘れてはならないのが、殆どの人気ゲームは一部のコアゲーマーと
大部分のライトゲーマーによって、その人口は構成されているということです。
コアゲーマーはライトゲーマーを嫌う傾向がありますが、そのゲームを
(どちらかというと興行的に)支えているのはライトゲーマーの方であると思います。
そのことをコアゲーマーは肝に命じておく必要があるのではないでしょうか。

他に興味深い部分として

人々には新しい環境に適応をしなければならない時,
以前の環境で使われた方式を適用して見る習性がある.
学習效果やら何やら言う言葉を思わないとしてもこのような方式は現実的に
よほど役に立つ方式だ.ゲーマーたちもこのような習性で例外がなれない.
新しいゲームをしても以前に楽しんだゲームでのプレー方式を好むとか時には
固守したりするのに場合によって他のゲーマーと摩擦をもたらしたりする.


という主張は、私がこれまでプレイしてきたゲームで例外なく見られる傾向でした。
コンシューマにおいても、三国志、DQ、FFなど長期に渡るシリーズ物などでは自分の
贔屓の作数しか認めない人も多くいます。
 私としては一回メガネを外して、レンズを拭いて透き通った視界でそのゲームを見てみれば必ず良いところを見つけることができると思っていますが。
 


蛇足:船酔いのせいで支離滅裂な文章になってしまい、申し訳ないです。

スポンサーサイト

korean game | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2004/11/15(月) 00:02)

<<ストレスの発散はゲームの中だけで | ホーム | 三国志Ⅹ、歴史歪曲問題で発売不可?>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://kgame.blog44.fc2.com/tb.php/158-51da02b7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 Blitz (韓国ゲームニュース編) all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。