Blitz (韓国ゲームニュース編)
   韓国のゲーム界に関するニュースを扱います。 時事的なものが多いかも。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

Lazy Knack

Author:Lazy Knack
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | 固定リンク
(--/--/--(--) --:--)

 韓国から見た日本ゲーム界の傾向
日ビデオゲーム業界 "団結すると 暮す"

最近の韓国ゲーム情報サイトのコラムや評論は結構鋭く、正確なところを
ついてくるので、感心半分、残念半分なこのごろですが、
今回は日本ゲーム界に関する記事です。

最近まで日本ゲーム界は続編ラッシュというか、売れるとわかっているビックタイトルの
続編を連発し、リスクの伴う挑戦的なタイトルは控えめという、
日本国内でも、「このままでいいの?」という声がいたるところで聞こえるという状況でした。
 今回の記事ではその売れ線確実である続編ブームにも陰りが見え始め、
その代わりとして、各企業の持つ有名キャラクターを競演させることによって
一つのゲームを作り出し、それで売るという手法に移行し始めたという内容になっています。
昔は自社のみの有名キャラクターを使った競演ゲームは結構出ていましたが、
(ちなみに「コナミワイワイワールド」は名作です。知らない人はぜひプレイを。
 2はイマイチだったけど)
近年は変わってきたということかな。

でも、記事中で挙げられている例では日本のゲーム界がそういう方向に変わってきた
というには説得力に欠ける気がします。
もともと複数のゲーム会社のキャラクターが競演するゲームはこれまでも
ちょくちょく出ていましたし・・・
スポンサーサイト

korean game | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2005/02/03(木) 21:41)

<<日本の美少女ゲーム「IZUMO」韓国で発売 | ホーム | ゲーム中毒療養所!?>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://kgame.blog44.fc2.com/tb.php/140-c2346483
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 Blitz (韓国ゲームニュース編) all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。